レスト付きノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは「金具のない入れ歯」のことです。

デンチャーとは入れ歯のこと、クラスプとは入れ歯にかかる金具のことをいいます。

ですので、ノン・クラスプとは金具がないという意味になります。

虫歯・歯周病が進んでしまい歯を抜かなくてはならない時やケガなどで歯を失ってしまった時、その失った歯のない

部分を何かで補ってあげないといけません。その時に用いられる手段のひとつとして残っている歯に金具をかけて

部分的に偽物の歯をいれる入れ歯(義歯)があります。

一般的な部分入れ歯は歯に金具がかかり、場所によっては金具がみえてしまうので見た目があまりよくない、金具が

気になってしまうということもあると思います。そういった場合におすすめしたいのがノンクラスプデンチャーです。

近年注目されており、多くの歯科医院で取り扱っています。

吹田駅前歯科でもノンクラスプデンチャーを取り扱っています。気になる方はお気軽にご相談ください。

 

 

左 保険内の通常の部分入れ歯       右 ノンクラスプデンチャー

NK6.jpg

 

 

今入れ歯をいれてらっしゃる方はおわかりだと思いますが、部分入れ歯は入れ歯が動かないようにするための

金属製の金具(バネ・止め具)が付いています。しっかり噛めるように固定するためには大事なものですが

この金属製の金具(バネ・止め具)は見た目があまりよくありません。

 

実際患者さんから「入れ歯は使えるけど金具が見えてしまうのが気になる。どうにかできないか?」とのご質問、

ご要望が多くあります。保険診療の部分入れ歯だとどうしてもこの金属製の金具(バネ・止め具)になってしまいます。

 

ノンクラスプデンチャーは金属製の金具(バネ・止め具)の代わりに、プラスチックでできた義歯床で入れ歯(義歯)を支えます。プラスチックでできているので口を開けても金属製の金具(バネ・止め具)がみえず、見た目を気にすることなく使用できます。

さらに割れにくくしなやかな素材でできていて、歯茎の色と同化して目立ちにくく、つけていることがわかりにくい、

通常の部分入れ歯とは異なった入れ歯です。

日本では最近になって普及されてきましたが、アメリカでは50年以上の実績のある入れ歯です。



レストとは?

義歯の沈下を防ぐための維持装置のことを「レスト」といいます。

義歯は、噛むと沈み込みます。義歯が沈み込むと、義歯のプラスチック部分が歯茎にぶつかって傷ができてしまったり、痛みが出てしまいます。また、沈み込んでしまうと義歯自体も安定がよくありません。

ノンクラスプデンチャーは義歯を支える金具(クラスプ)がありませんので場合によって、通常の義歯より安定しない

ことがあります。そこで、義歯の沈み込み防止や安定のために、レストが必要になります。

レストは金属でできていて、噛む部分に付けます。しっかりと噛める安定のいい義歯には大事な装置です。

 

上の歯のノンクラスプデンチャーは、レストが付いていても見えることはほぼありませんが、

下の歯の場合は見えることがあります。

ただ、レストはとても小さいのでそこまで目立つことはありません。

 

w_sdj0014.jpgw_sdj027.jpg

 

 

 

 

 

 

 

w_silicon002.jpg

NK11.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NK15.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左 ノンクラスプデンチャー 右 保険内の通常の部分入れ歯

 

 

ノンクラスプデンチャーの特徴

通常の入れ歯と比べてかなり薄く作られていて、弾力性に優れたナイロン樹脂で作られています。

ひねってもねじっても割れず、薄く作っていても安心して使うことができます。

 

NK03.jpgNK04.jpg

NK1.jpgNK2.jpg

NK8.jpgNK5.gif

ノンクラスプデンチャーはどんな方に向いているか

虫歯や歯周病が進んでしまった、不慮の事故やケガをしてしまい歯を抜かないといけないなど歯を失う理由は

色々ありますが、治療によって入れ歯(義歯)が必要になることがあります。

ノンクラスプデンチャーは何らかの理由で欠損した歯に義歯を施そうという治療です。

どういう方にノンクラスプデンチャーが向いているかというと

 

・部分入れ歯の金具(バネ・止め具)が気になる方

 部分的に歯を失って入れ歯が必要になった時、保険がきく通常の部分入れ歯は失ってできた歯と歯のすき間に

 人工の歯をはめ込むので、義歯が動かないようにしっかり固定しなければいけません。

 その義歯の固定に金具を使用します。部分入れ歯をつける場所によっては口を開けた時に金具が

 目立ってしまう、他人からみえてしまうことがあります。実際、部分入れ歯を使用している患者さんから

 「金具が気になる」という声や「金具があって口の中にどうしても違和感を覚える」といった声はよくききます。

 

 ノンクラスプデンチャーは、プラスチック製の床とレストによって義歯を支えています。

 金具(バネ・止め具)は使っていませんので見た目が気にならず、金具による違和感も心配することがありません。

 

・健康な歯を削りたくない方

 部分的に歯を失った場合「ブリッジ」という治療法もあります。

 ブリッジとは失った歯の前後を削って間をつなぎ、橋のようにつないだかぶせものになる治療法(下図参照)

 のことで、その場合失った歯の前後を土台にしてかぶせものを作るので、

 どうしても前後の歯を触ることになり、その歯が虫歯ではない健康な歯であっても削らないといけなくなります。

 

 

ブリッジ例

bridge007.pngbridge008.png

bridge009.pngbridge010.png

 健康な歯を削らなければならないということに、抵抗がある人は多いのではないでしょうか?

 そのようなとき、ノンクラスプデンチャーがひとつの選択肢として有力です。

 ノンクラスプデンチャーなら金具がないので見た目が気にならないというだけでなく、

 健康な歯を大きく削るような治療が必要なくなります。

 

・インプラントが適応でない方

 部分的に歯を失った場合、部分入れ歯やブリッジの他に治療法として「インプラント」があります。

 インプラント治療とは顎の骨にインプラントという小さなネジのようなものを埋め込み、

 それを土台にして義歯を取り付けるというものです。

 

 義歯をしっかりと固定でき、隣の歯を削らなくてもすむというメリットはありますが、

 外科的な処置で手術が必要になりますので持病のある方だとできなかったり、インプラントを

 埋め込む為に骨がしっかりしていないとできないなど様々な条件や診査が必要になり、

 誰でもできるわけではありません。

 

 ノンクラスプデンチャーですと手術の必要はありませんのでインプラント治療が困難で適応でないと

 判断された方や手術を受けるのは抵抗があるという方にも適しています。

ノンクラスプデンチャーができない例

・アンダーカットが少ない場合

 ノンクラスプデンチャーは金属製の金具(バネ)がないので、

 義歯の床(ピンク色のプラスチックの部分)を歯のでっぱりにひっかけて固定します。

 その歯のでっぱりを「アンダーカット」と言います。

 ノンクラスプデンチャーが動かないための引っかかり、「アンダーカット」が少ないと

 できない場合があります。

 

・欠損が多い場合

 歯がない部分の多い方はできない場合があります。

 最低でも3〜4本歯が残っていないとできません。

ノンクラスプデンチャーのメリット

・金属の金具が目立たない

・前後の健康な歯を削らなくていい

・インプラントのように手術が必要ない、インプラントより費用が抑えられる

 (本数・形により金額は変わります。)

■ノン・クラスプ・デンチャーのデメリット

・保険適応でないので費用がかかる。

・お口の中の状態によってできない、作れない場合がある

・修理が難しい

■金額について

ノンクラスプデンチャーは保険診療ではなく「自由診療」になります。

費用は入れ歯の本数により異なります。かかる費用についてはお気軽にお尋ねください。

 

1歯 ¥120,000
2歯片側 ¥130,000
2歯両側 ¥140,000
3歯片側 ¥150,000
3歯両側 ¥160,000
4歯両側 ¥170,000
5〜8歯 ¥180,000
9〜11歯 ¥190,000
12〜13歯 ¥200,000

※消費税抜きの価格です。

■ノンクラスプデンチャーのお手入れ方法

食後は流水下でやわらかい義歯用歯ブラシか歯ブラシを使い、汚れを落としてください。

歯磨き粉などは使わないよう注意してください。

市販の入れ歯洗浄剤は劣化する可能性がありますので専用の洗浄剤をご使用ください。

使用しないときは水の中にいれて保管してください。

▲このページのトップに戻る