はじめに

khjhjkhkl.jpg歯医者は「痛い・怖い」といったイメージが強く「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。

恐怖心の強いお子様だけでなく大人でも歯科治療に対しては「嫌だな」と思われている方が思われている方が多いようです。

あのキーンという歯を削る音を聞いただけで嫌がられることが多く、キーンという音=削る痛み感じるようです。

吹田駅前歯科では、なるべく患者様に痛みを感じさせないように、いろいろな面で注意を払って治療を行っております。

痛みというのは、脳がこの痛みをどのように感じるかによって違いますので、痛みの感覚には個人差があります。

ですので、まったく痛みのない治療をするということは難しいのですが、患者様の不安と痛みをなくす治療を行っています。

不安な方はお気軽に担当医にご相談下さい。

 

吹田駅前歯科では、以下のように痛みの少ない治療を行っております。

吹田駅前歯科では、表面麻酔薬・現在最も細い注射針などを使用して、患者様にとって快適な治療を行っています。

 lkhjkgjfh,.jpg


歯科に不安感、不快感、恐怖心、を持っている人

いわゆる神経質な人

歯医者さんを嫌がるお子様

高齢者

歯科治療中の神経性ショック、脳貧血様発作、疼痛ショックを有する人

心疾患、高血圧などの内科的慢性疾患を持ち、治療のストレスを

   軽減する必要のある人

痛みの少ない治療の手順


ぴyhhんkl.jpg

@表面麻酔

無痛治療を行う為に、麻酔注射の前に塗るタイプの麻酔薬(表面麻酔薬ハリケイン)を塗ってから麻酔の針を挿入します。

表面麻酔の効果により歯茎の表面を麻痺させ、針を刺す際のチクッという痛みを和らげることができます。

f-cqv1.jpg

A細い針を使用する

吹田駅前歯科では、無痛治療を行う為に最も細いサイズの注射針を使用しています。

麻酔液の注入はゆっくり行い、針の刺す場所を考えて打ちます。

officewhitening_02.jpg

B治療開始

麻酔が十分に効いていることを確認した上で、治療を開始します。

もし痛みや感覚が残っている場合はお気軽にお伝えください。

 

歯や神経を削らず・取らず・抜かずに治療

「できるだけ歯を削らない・神経を取らない・歯を抜かない」という治療思想に基づき、例えば虫歯の場合であれば、MI治療と呼ばれる最小の侵襲により最大の効果を得ようとの目的で考えられた、人に優しい虫歯治療法を行います。

 

不安や緊張感をほぐすために、人は落ち着いていると神経質になっている時とでは、痛みの感じ方が異なります。

また一度強い痛みを感じると、治療の度に痛みを感じやすくなってしまいます。

まずは痛みに対する不安や緊張感をほぐすために、「見る・聞く・嗅ぐ・味わう・触る」といった、人の5感に訴えるリラクゼーションを行っております。

リラクゼーション

 

待合室.JPG

待合室

待合室は、陽光が差し込むガラス張りで、開放的な空間です。

白と落ち着きのあるブラウンを基調としており、リラックスして受診頂けるように心がけております。

piyh].JPG

プライバシー

治療室はパーテーションによりプライバシーが保護されています。

hil.jpg

聴覚

心の和む音楽を流す事によって深いな音を軽減します。

 

視覚.JPG

視覚

絵画や花を置く事によって心に落ち着きをもたらします。

常に笑顔を絶やさず親身な応対。

清潔感漂う院内。

0030000000242[1].jpg

嗅覚

アロマテラピーにより特有の病院臭をとり、香りで和んで頂きます。

待合室でのアロマ効果により恐怖心を取り去り、リラックスし治療を待つ事ができます。

アロマの持つ「気持ちを和らげる効果」「リフレッシュ効果」で患者様のストレス軽減させて頂きます。

診療室内に優しい香りを漂わせるようにしています。

 

精油は視床下部の上位中枢である制動を司る大脳辺緑系に作用して体をリラックスへと導きます。

アロマの香りが「歯科治療を受ける」という緊張感をときほぐしてくれるでしょう。

空気清浄機によって、空間に富裕している細菌やウイルス活性を抑え、空気が浄化でします。

 

しっかりとご説明して不安をなくすことと笑顔を心がけています。

優しい歯石とり

以前、歯石を除去する際に「キーン」という痛みを感じた方、いらっしゃると思います。

一般の歯科医院で使う歯石取りの道具の超音波スケーラーは、歯石を「たたき割る」感じで

取っていきますので振動が大きく、さらに熱を発生して痛みを感じてしまいます。

吹田駅前歯科では、バリオスという通常の10分の1の振動で歯石を優しく剥がしていく超音波スケーラーを使用しています。

そっと触れると、歯石がポロポロ剥がれ落ちていきます。

これにより、歯にやさしく痛みの少ない歯石除去が可能となりました。

今まで歯石取りは痛いと思っていた方も、だいぶ楽になるので安心していらして下さい。

 

お願い

歯肉が赤く腫れている状態だと、そっと触れても痛みと出血がおきる場合があります。

歯石除去の前は、丁寧にブラッシングして歯肉を引き締めておくことをオススメします

早めに治療した方が痛くないです。

小さい虫歯ほど痛みの少ない治療の選択肢が多いので早めに治療を行った方が良い場合が多いです。

すでに痛くなった大きく深い虫歯は注射麻酔を行うことになります。

特に子供の場合は小さい虫歯もすぐに大きくなってしますため、早期に発見して治療してあげることが後で大変な思いをしなくても済むことにも繋がります。

そのためにも歯ミガキや定期検診で少しでも虫歯の予防や早期発見を心がけましょう。

かなり大きな虫歯で炎症が強い場合には、麻酔が効かない場合があります。

その際には無理に治療をしないで、炎症を軽減させる処置を吹田駅前歯科ではお勧めしています。その後次回以降に通常通り麻酔を行い処置させていただいております。

完全に痛みが無いことを保証するものではない事をご了承下さい。

▲このページのトップに戻る