セカンドオピニオン

「治療をしているのに詰め物が何度も取れてしまうところがある」

「むし歯を治療しても再発して同じ治療を繰り返す」

「他は特にトラブルが起きないのに、一部分だけいつもトラブルを抱えている箇所がある」

 

そんな悩みや疑問を抱えて、治療を受ける際に

「この治療でいいのか?」「間違っていないのか?」と不安や不信感を抱いたり

「他にもっと良い治療法はないのか知りたい」と思ったことはありませんか?

 

セカンドオピニオンという制度をご存知でしょうか?

 

セカンドオピニオンとは、主治医以外の先生に意見を聞くことを言います。

歯科医師はそれぞれ治療に対する考え方や方針が異なっています。技量に差はなくとも考え方や

治療方針自体が異なることで、お勧めする治療方法や診断が変わってきます。

セカンドオピニオンを受けることで様々な治療へのアプローチを聞くことができ、

不安や不信感を取り除いたご自身が納得できる治療を受けることができます。

 

また、セカンドオピニオンの回答が主治医と同じ意見だった場合その治療を安心して受けられる

ようにもなります。

 

「他の医院や違う先生に相談するのは気が引ける」という気持ちもあるかとは思いますが、

たくさんの意見を聞くことは患者さんの権利であり、治療を受けるかどうかの判断、決定権も

患者さんにあります。不安のない納得のいく治療を受けるためにも、

セカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか?

 

吹田駅前歯科でもセカンドオピニオンをいつでもお受けしています。

困っていること、不安なことが何かありましたらご相談いただき、患者さん自身がご納得のいく治療を

受けるために努めたいと思います。なんでもお気軽にお申し付けください。

AutoClave_class_s_KF_045.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフォームドコンセントとの関係

インフォームドコンセントとは、医師が患者さんに病状や治療方針や内容をわかりやすく説明して

ご理解をいただき、患者さんの同意を得ることです。

 

インフォームドコンセントとセカンドオピニオンを受けることで、

その治療のメリット・デメリット、複数の角度・観念から知ることができます。

治療に対して少しでも不安に感じることや分からないことがあれば遠慮なくお尋ねください。

セカンドオピニオンはどうやって活用するのか

・主治医に伝える

 かかりつけの先生を疑っているようで言いにくいところもあるかもしれませんが、

 先生にセカンドオピニオンを希望していることを伝えましょう。

 先生にいいにくい、気が引ける等あれば衛生士や助手などのスタッフに言って、

 先生に伝えてもらいましょう。

 

・セカンドオピニオンを聞く

 セカンドオピニオンによって意見を求めた先生から自分の希望している治療方法の提案があっても

 すぐ首を縦に振るのではなく、その治療によるデメリットなども聞くことが大事です。

 

 しっかり説明を聞いて自分にとって何が最善の治療なのか見極めるために

 悪いこともしっかり聞いてから判断しましょう。

 

・主治医と治療方法を再検討する

 セカンドオピニオンを聞いたうえで、今後の治療をどうするのか主治医と再検討しましょう。

 主治医と治療方針を話し合い、納得できるようであればそのまま治療を続け、

 納得ができず違う治療方法を選びたい場合は主治医と相談しましょう。

 きちんと話をきいて再検討することにより、自分で選択した納得のいく治療を進めることが

 できます。

 

whitening_nagare01.pngwhitening_nagare03.png

セカンドオピニオンのメリット

・ 誤診の防止

 セカンドオピニオンを受けることでかかりつけの歯医者さんの誤診を防止できます。

 疑問点や不信感を持ってしまった場合、まず主治医に聞いてみましょう。

 もし、主治医には言いにくいようであれば、話しかけやすい衛生士や助手などのスタッフに相談しましょう。

 

・別の治療法の意見を聞いて選択肢を増やせる

 かかりつけの歯医者さんではおこなっていない治療というのもあります。

 歯科医院によって使用する器具・材料・治療方法は様々です。基本的な治療はどこもほぼ変わりませんが、

 特殊な治療になると器具や材料が無いこともあります。

 治療によっては同じ虫歯でも診断する歯医者によって治療内容が違うという場合もあります。

 

 セカンドオピニオンを受けるとかかりつけの歯医者さんに提案された治療法だけはなく、

 他の治療法を知ることができますし、歯医者さんによっても考え方や治療方針は違うため、

 様々な意見や治療法を聞くこともできます。

 

・納得して治療を進められる

 セカンドオピニオンとして相談した歯医者さんの意見・治療法がかかりつけの歯医者さんと同じなのか、

 違った場合でもセカンドオピニオンを受けることで自分が納得した上で自分が求める治療に

 臨むことができるので安心です。

セカンドオピニオンのデメリット

・診療費用が自己負担

 セカンドオピニオンは別医院に診察に行くことになるので診察代がかかります。

 その際の費用は自己負担になります。

 

・セカンドオピニオンが有効でないケースも

 本来セカンドオピニオンの目的は、患者さんに症状や治療内容、治療方針をわかりやすく説明して、

 治療に対する不安や不信感を取り除くためのものですが、セカンドオピニオンを受けた先の先生の

 説明がわかりにくい、質問がしにくい、質問しても理解しにくいといった可能性もあります。

 

 中には主治医の診断とまったく異なる診断となったり、たくさんのことを説明され、

 むしろどの治療がいいのかわからなくなって混乱を招いたり、セカンドオピニオンをしてみた

 けれど無意味だったというケースもあります。

 

 また、セカンドオピニオンがかかりつけの歯医者さんの診断(ファーストオピニオン)と何の変わりも

 なかった場合は「費用や時間、手間だけがかかり無駄だった」と感じることもあると思います。

 ですが同じ診断だったことを確認でき、

 その治療に納得できたならセカンドオピニオンを受けた価値と意味があります。

 

・新しい医師との関係性を作る必要性

 かかりつけの歯医者さんと付き合いが長くなれば長くなるほど信頼関係ができあがり、

 医院側もその患者さんの性格やどういうタイプの人かどういう治療を望まれているか等ある程度

 把握できます。

 

 しかし、セカンドオピニオンを依頼する歯医者さんは基本的に初めての所、初対面ということ

 になりますので、新しい先生と一から相談して関係を築いていくということになります。

 患者さんも医師も人間ですから合う、合わないといった感覚もあると思います。

最後に

かかりつけの歯医者さんの診断や説明に不信感や不安な気持ちを抱いてしまった時や、

他の治療方法がないかを知りたい時は、ぜひセカンドオピニオンを希望してみては如何でしょうか?

 

治療をする上でいちばん大切なことは、何より患者さん自身が納得し安心して自分の希望する治療を

受けることです。

 

吹田駅前歯科ではそんな不安な気持ちを抱えている患者さんのためにセカンドピニオンを受け付けています。

不安な気持ちを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

tooth-maru.pngtooth-sankaku.pngtooth-batu.png

 

 

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る