歯科ユニットウォーターライン除菌装置 ポセイドン

1img1.jpg

排水管内をきれいに保つ除菌装置「ポセイドン」

吹田駅前歯科では歯科ユニットの給水管内を清潔に保つため、

歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」を導入しています。

ポセイドンは除菌作用のある電解中性機能水を生成し、歯科ユニットをはじめ院内の給水管内の細菌繁殖を

抑える装置です。これを使用して吹田駅前歯科では衛生的な水での治療を行っています。

 

吹田駅前歯科では安心で安全な治療をご提供したく、水にもこだわった衛生管理を徹底しています。

ポセイドンで生成された電解中性機能水は自然に優しく、身体に無害なお水ですので安心して治療に

通っていただくことができます。

 

歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」公式HPはこちら

治療用ユニット内に付着する汚れについての対策

歯科医院での治療はたくさんの水を使用します。

その治療用の水が普段飲んでいる水道水の基準の数十倍から数千倍の細菌(弱毒性)が検出されるほど

汚れている事をご存知でしょうか?


歯科医院で治療する虫歯や歯周病の原因は細菌なのに治療を受けにきて別の菌をもらってしまうのでは

よくありません。歯科医院の治療水から検出される菌は『従属栄養細菌』と呼ばれる菌群で、髄膜炎などの

原因菌の一つとも言われています。この菌は健康な方が摂取しても健康被害を起こすことはないと言われて

いますが、免疫力の低い高齢の方や赤ちゃんなどの乳幼児にとっては日和見感染を起こしてしまう可能性が

あります。

 

院内感染対策は高度医療・超高齢化社会にとって、とても大事な課題です。

院内感染は病院内で起きたすべての感染症を意味しますが患者さんが保有している微生物が由来である

内因性感染と、他の患者さんや医療スタッフ・医療器材由来の外因性感染の2つに分けられます。

 

内因性感染リスクを減らすため、特に病院歯科では全身麻酔を必要とする周術期患者や担がん患者、

高齢者・免疫不全者などの易感染性患者、IVH・人工透析などのカテーテル治療患者などの口腔管理を

重要視しているのが現状です。

 

ですが、外因性感染については医療関係者の適切な対応で予防が可能です。歯科ユニット給水系の汚染は

私たち医療従事者が予防することによって対応できる外因性感染リスクです。

 

診療後など長時間の給水停止時に給水系に滞留した水中で微生物が増殖し、バイオフィルムが形成され付着し、そこから落屑した微生物が歯科医療給水として患者さんのお口の中へ放出されていると考えられています。

これらは上水道由来の弱毒性細菌であるとされていますが、微生物汚染の実態やその対策については十分

検討されていません。

 

アメリカでは1990年代に歯科治療に使う水に含まれる従属栄養細菌についての基準を定めています。

(※従属栄養細菌とは、有機栄養物を比較的低濃度に含む培地で長時間培養した際のコロニー(バイオフィルム)を形成するすべての細菌を指します。その細菌の数は、水質の衛生状態を判断する大事な指標です。)

 

□アメリカの従属栄養細菌数についての基準

 

ADA(米国歯科医師会) 200CFU/ml以下

 

CDC(米国疾病管理センター) 500CFU/ml以下

 

 

日本はアメリカより20年遅れた2007年に水質の衛生状態を定めた「水質管理目標設定項目」に

従属栄養細菌の項目が追加され、その目標時には「2000CFU/ml以下(暫定)」となっています。

 

しかし日本の歯科医院では、水質に関しての衛生環境整備の遅れから今でも歯科ユニットの給水管内に、

目標値をクリアしていない数値の細菌(1mlあたり数千から数万の細菌)が検出されていて浸透していないのが

現状です。

 

新しい消毒法として中性電解水が注目されています。自然に優しく、生体為害性(せいたいいがいせい 体に害を及ぼすもの)が少ない、無味・無臭で、金属腐食性が低く、排水路環境への影響が及びにくいことから

歯科器材の消毒にすでに使われています。

 

・中性電解水とは

電解水とは、水道水や食塩水などを弱い電流電圧で電気分解処理して得られる水溶液の総称です。

pHによって分類されていて、強酸性・弱酸性・中性とあります。現在も医療現場で消毒や処置などに

使われている強酸性電解水は優れた殺菌作用がありますが、周辺環境への汚染、金属材料の腐食という

デメリットがあります。弱酸性電解水はその反対で、強酸性電解水のデメリットを和らげる反面、

殺菌効果は弱いとされています。

 

そこで、新しい消毒方法として中性電解水(吹田駅前歯科ではポセイドンで生成しています)が注目されてきています。この中性電解水は人体や周辺環境へ影響がないとされていて長期間殺菌作用を持続できる(3ヶ月以上)とされています。金属腐食試験では中性電解水が強酸性電解水・弱酸性電解水よりも耐腐食性に優れている事が認められています。

ポセイドンの仕組み

センサーが水の流れを感知、電解槽に通電します。

水中に含まれる塩素イオン(Cl-)が電解により塩素(Cl2)に変化、Cl2はすぐに水と反応し、

次亜塩素酸(HClO)や次亜塩素酸イオン(ClO-)(=残留塩素)に変化します。

残留塩素の上昇により、水道水中の細菌の繁殖が抑制されます。

 

Cl2 + 2OH- →Cl- + ClO- +H2O

Cl2 +H2O →HClO + Cl- + H+

※「HClO」「ClO-」が有効な成分です。

 

 

吹田駅前歯科では患者さんに安心して通っていただくために、お口の中に入るものは徹底して安全なものを使用したいと考え、この歯科ユニットウォーターライン除菌装置『ポセイドン』を導入しています。

 

 entry1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このポセイドンの主な働きを簡単にまとめますと、

 

1、院内全ての給水管内を除菌(細菌数はほぼゼロ)する。

 

2、院内感染対策として強力な効果を発揮する。

 

3、治療時の水が安全性の高いクリーンなものになる。

 

こちらの三点となります。

 

 

 

ポセイドンが作るお水は添加物をいっさい使わない水道水のみの中性の水です。

人体に優しく無害ですが水道水内の塩素濃度を調節し、菌が生きられない環境の殺菌力のあるお水を作ります。

 

日本の水道水は世界的に見てもかなり水準の高いもので、水道水は塩素によって消毒されています。

ただ、塩素はすべての細菌に有効なわけではなく、中には塩素では死滅しない細菌もあります。

また、水道管内に溜まった細菌やウイルスからの感染もありえないとはいえません。

 

そのような水道水や水道管内をポセイドンにより除菌して、院内に流れる水は細菌数0に限りなく近い状態を

保っています。

 

 

product1_1.jpg

 

 

つまり、患者さんの治療中のうがい用の水やハンドピースからでる水は、飲んでもなんの問題もない

安全で綺麗なお水です。治療中にお口の中に入るすべてのお水は安心なものとなっています。

たくさんの学会や文献で発表されている『ポセイドン』

・2013年03月24日

第14回日本口腔機能水学会学術大会

「中性電解水の歯科用ユニット給水管路内への応用」(京都大学大学院医学研究科)

 

・2013年08月21日

IADR-APR(国際歯科学研究学会)

「Efficacy of the Dental Unit Water-line Sterilization System”Poseidon”」

(北海道医療大学歯学部微生物学分野)

 

・2014年02月14日

第29回日本環境感染学会総会・学術集会

「歯科ユニット給水系における微生物汚染の評価と中性電解水による

 細菌増殖の抑制効果に関する研究」(京都大学大学院医学研究所)

 

・2014年03月21日

AADR Annual Meeting&Exhibition

「Bactericidal effects of electrolyzed neutral water on dental unit waterlines」

(京都大学大学院医学研究科)

 

・2014年09月24日

日本防菌防黴学会 第41回年次大会 

―微生物制御のための微生物汚染の再確認― (北海道医療大学歯学部微生物学分野)

▲このページのトップに戻る