歯科用ハンドピースの滅菌

ssss.jpg

 

 

吹田駅前歯科ではピンセットやスケーラー、バキュームの先のゴム製チップなどの滅菌だけでなく、

歯を削る器材ハンドピースも専用の滅菌器「iClave mini」を使い、使用毎に滅菌をしています。

ハンドピースは滅菌処理をすると傷みやすくなりますが、感染症対策・衛生管理のために滅菌は大事なことです。

 

なぜなら、ハンドピースのエアタービンは水や空気の噴射を止めた時の逆流で、血液や汚れなどが入り込む

可能性があるからです。そのため吹田駅前歯科では、ハンドピースは患者さんごとにすべて滅菌処理をして

取り替えています。

 

 

AutoClave_class_s_KF_01.jpgAutoClave_class_s_KF_04.jpgAutoClave_class_s_KF_06.jpg

 

滅菌器「iClave mini」の公式HPはこちら

吹田駅前歯科のハンドピース使用から滅菌までの流れ

 

@    滅菌済みタービンと歯科用エンジンをすぐに使用できる状態で、常時複数準備しています。

A    患者さんをお席にご案内し、治療開始時に滅菌済みタービンや歯科用エンジンを用意します。

B    ホースに滅菌済みタービン、歯科用エンジンを取り付けます。

  ※滅菌済みのハンドピースを使用する歯科医院では、使用直前までハンドピースをホースに

   取り付けていないのがほとんどです。

C 治療が終わり次第、ホースからハンドピースを外し、滅菌します。

使い終わったハンドピースの滅菌方法

@    ハンドピースは使用後、すべて自動洗浄注油器でオイル洗浄します。

A    オイル洗浄をした後、ハンドピースを滅菌器「iClave mini」にかけて滅菌します。

B    滅菌後は次の治療で使うまで保管します。

 

 

吹田駅前歯科ではハンドピースを使うごとに、この作業を行っています。ハンドピースは滅菌を繰り返すと、

器材が傷むので寿命が早まり、早期に買い替えが必要になります。

高額な器材ではありますが、衛生管理の面や患者さんが安心して治療をうけるためには必要不可欠です。

また、器材が不足しないよう多数のハンドピースやドリル、オートクレーブ(滅菌器)を用意しています。

 

ですから、診療台には治療前に削る器材類は付いていません。使用後のハンドピースは滅菌するため回収します。

患者さんごとに治療が終わって片づけるとこういう状態になります。次の患者さんの治療時には使用する滅菌器材だけを装着して使います。少しさみしい印象をうけますが使用ごとにきちんと滅菌している証です。

ハンドピースは滅菌後保管して必要に応じて使用します。

患者さんに安心して通っていただくために

日本ではハンドピースの滅菌は法律で義務付けられているわけではありません。

日本歯科医師会が平成九年三月に作成した「一般歯科診療HIV感染予防対策Q&A」では、歯科用ハンドピース等の

使用後の消毒・滅菌についてはオートクレーブまたはEOGによる滅菌を原則とする一方、

薬液消毒と十秒以上の空回転をすることと記載されています。これをガイドラインとすると使用後にアルコールで

本体を拭い、数十秒空回しすれば大丈夫ととらえることもできます。しかし、アメリカではハンドピースの滅菌・消毒は義務付けられています。

 

『エアータービンは、空気や水の噴出を止めるとこれらが逆流し、その際口腔内の唾液や血液あるいは削りかすを吸い込むことが指摘されている。感染予防ということで停止時に生じるヘッド内負圧による血液、唾液、切削屑などのタービン本体への侵入を防止するクリーンヘッドシステム、またカップリング内に内蔵され血液・唾液などが水スプレー回路に逆流することを防止する逆止弁機構などが設置されるようになっている。しかし一番問題となる点はエアータービンヘッドの使用後の滅菌・消毒をどのように行うかである。日本では法律的にエアータービンヘッドの患者ごとの滅菌・消毒は要求されていないが、アメリカではキンバリー事件(*歯科診療所でのHIVの院内感染事故)以後、各州ごとに切削器具を含め、滅菌・消毒が義務付けられており、もし実態調査時に滅菌・消毒していないと開業停止となる。このため患者ごとにエアータービンヘッドは滅菌・消毒してから使用しなければならない。(日本大学歯学部 補綴学教室 五十嵐孝義先生 デンタルダイヤモンド1997年9月号の記事から歯科用ハンドピースの構造上の特徴とアメリカでのハンドピースの取り扱い状況についての記事より引用)

 

日本でハンドピースの滅菌が徹底されない理由は義務ではないこと、滅菌にはコストがかかること、またハンドピースを一回の使用毎に滅菌すると滅菌には時間がかかりますし、その間治療を進めるためにそれだけハンドピースの本数が必要になり、滅菌器自体の台数も必要になること、そして頻繁な滅菌はハンドピース内部部品の耐久性を低下させてしまい

ハンドピースの寿命が短くなること等があげられます。

 

 

さらにコストがかかるのが人件費です。滅菌するにも人手が必要ですのでハンドピースの滅菌を頻繁におこなうとどうしても滅菌に従事するスタッフの人件費が新たに発生することになります。

 

 

義務化されれば全ての歯科医院が滅菌をするようになると思いますが、現状日本ではハンドピースの滅菌はあまり普及していません。ですが吹田駅前歯科では患者さんに安心して通っていただける歯科医院を目指しています。ハンドピースの滅菌は怠ってはならない衛生管理だと考え、使用するハンドピースはひとりひとり患者さんの治療ごとに交換し、機械の外部はもちろん内部までしっかり洗浄・滅菌を行っています。

▲このページのトップに戻る