金属アレルギーとは

「金属アレルギー」という言葉を聞いたことがある人は多くいらっしゃることでしょう。

ピアスやネックレス、ブレスレットなど、金属のアクセサリーが触れた皮膚にかゆみやかぶれ、

湿疹などの症状が出ることがありますが、これが「金属アレルギー」です。

どんな金属に反応するかは個人差がありますが、アクセサリーによる症状ならば、

自分でも「これは金属アレルギーだな」とわかりますから、それ以外の素材を選ぶようにすれば解決するものです。

ところが、自分では気づかない場所に金属が使われていて、それが原因で全身にさまざまな症状を引き起こす

場合があります。

それが、お口の中、つまり虫歯の治療や義歯などに使われている金属によるアレルギーです。

虫歯になったら歯を削って金属を詰めるという治療が、長い間、当たり前に行われてきましたが、

金属の詰め物や被せ物、入れ歯にはアレルゲンとなる金属が使用されています。

 

金属から溶け出た陽イオン(Mn+)が直接触れている部分や、あるいは唾液を介して経口的に血液中に

溶け込み、体の他の部位へ運ばれます。

皮膚や粘膜のタンパク質と金属イオンが結合し、体が本来もっていないタイプのタンパク質に変化します。

このタンパク質に対して免疫細胞が過剰に反応するとアレルギーが起こります。

 

歯科材料、とくに歯科金属によって引き起こされるアレルギー疾患には、色々なものがあります。

口の中ばかりではなく、アトピー性皮膚炎など顔や身体など直接金属が触れていない部位に症状が出ることも

あるので、注意が必要です。

金属アレルギーの方の歯科治療

お口の中には、びっくりするぐらい沢山の種類の金属が使われています。

そして、特に保険の金属は高温多湿のお口の中で腐食しやすく(さびるということです)、

数年から数十年の間に金属が溶けだして、体内にどんどん蓄積されていきます。

 

このホームページをご覧になり、「自分は金属アレルギーではないだろうか?」と思い当たることがあれば、

是非一度吹田駅前歯科にご相談ください。

また、すでに皮膚科の診断により、ご自身で「金属アレルギーである」とわかっている方も、

これを機会に口の中のリスクを取り除くことをお勧めします。

金属アレルギーを持っている方で、現在とくに自覚症状のない場合も、リスクはゼロではありません。

ある日突然、症状が出ることもあるからです。

また、金属アレルギーでない方でも、口の中に金属が存在しているのであれば、決して安全とはいえないでしょう。

長い目でご自身の歯、そして全身の健康を考えたとき、「メタルフリー」、つまり金属を排除することが

とても重要だということを、皆さんに是非ご理解いただきたいと思います。

 

金属アレルギーを持つ患者さんに対しては慎重に補綴物と使用材料を選択する必要があります。

吹田駅前歯科では、そのようなケースに対応するために、歯科材料として天然歯と変わらない

セラミック素材(非金属無機材料)や、ハイブリッドセラミック素材(硬質プラスチック樹脂)

使用した治療も行なっております。

アレルゲンフリー材料

 

オールセラミック・セラミックインレー

白く透明感のあるセラミック(陶器)を使用したかぶせ物です。hl;@;l@;.jpg

内部に金属を一切使用していないため、歯を自然な色合いにしていきます。

長く使用しても変色することもありません。

歯周病などで歯肉が下がっても差し歯、独特の黒い筋がみえないといった

特徴も注目されています。

 

ハイブリッド

セラミック(焼き物)の粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたものでihjhghg.jpg

作られたインレー(詰め物)です。

 セラミックインレーよりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいという

 メリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。

 

ノンクラスプデンチャー

金属のバネ(クラスプ)を使用せず、装着していても人目につきません。92041005.png

また、弾力性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった

特徴もあります。

ほかにも、材質のつなぎ目が殆どないため、お掃除がしやすく

衛生的といった点があげられます。

▲このページのトップに戻る