〜お子様の虫歯予防は、母親のお口の健康から〜

皆さんは、虫歯が母子感染する事をご存知でしたか?

歯周病のひどい妊産婦さんの場合は、健康な妊産婦さんと比較して、早産や軽体重児出産のリスクが7.5倍にも跳ね上がるというデータもあり、妊娠中の適切なお口のケアは、健康な赤ちゃんのご出産とその後のお子様の虫歯予防に繋がります。

妊婦さんに対しての歯科治療

kid0065-009.jpg

妊婦さんと歯科は、実は密接に

関係しています。

母子手帳にも、「妊娠中と産後の歯の状態」のページがあります。

その理由は、妊娠すると心も体もいつもと違う状況になり、お口の状況も

いつもと違うからです。妊婦さんはお口の中で困っていることが多いのではないでしょうか?

 

  • 虫歯があるみたいだけど妊娠しているから歯医者で治療ができない…
  • ツワリがあるし、歯ミガキがちゃんとできない…
  • 食生活が変わった…
  • 赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなる…
  • 歯ミガキをすると血がでてくる…

 

 吹田駅前歯科ではお口のことで困っている妊婦さんが安心して、リラックスして治療を受けていただけるように

 心がけています。


妊娠・出産を境に歯を悪くされる方がたくさんいらっしゃいます。

お腹の中だけでなく、お口の中にも大きな変化が起こっているからです。

 1334550002 sinn.gif

  • ツワリなどで食事の回数が増える
  • 歯ブラシが気持ち悪くて歯をしっかり磨けない
  • カラダがだるくて歯ミガキなんてしていられない
  • 胃酸で歯が溶かされる
  • ツバの性質が変わってしまう
  • ホルモンバランスが変わることで、「妊娠性歯周炎」になりやすくなってしまう
  • 赤ちゃんに影響がないか不安で、ただでさえ避けがちな歯医者をさらに避けてしまう


  思い当たること、ありませんか?

 

残念ながら妊娠中には使えないお薬があるなど、治療の制限が確かにあります。

吹田駅前歯科では妊婦の方、それぞれの状態に合わせた治療をいっしょに話し合って決めていきます。

よく説明をしてできるだけ不安がなく、リラックスして治療が受けられるように心がけています。

担当の衛生士があなたにぴったりのケア方法を考えて、プロのケアを提供します。

 

吹田駅前歯科を通じ、「あなたと、あなたの大切なお子様のお口の健康を護第一歩」をふみ出しましょう。

妊婦さんは、よい出産をする為自分に合った、よい産婦人科に出会う事が大切です。1334550004sinn.gif

 

自分に合った、よい歯科医院に出会うことも大事だと思っています。

「悪くなったら行く歯科」ではないのです。

お口の健康は体の健康、心の健康にも繋がります。

 

妊婦さんと歯科が関わることにより、子どもたちのお口の健康、心の健康にもよい影響を及ぼすことができるのです。

「あなた自身だけでなく、あなたの大切なお子様のためにも」歯科治療が大事になります。

具体的には、マイナス1歳〜3歳までのお子様が対象です。

産まれてくるお子様のための〜マイナス1歳からの虫歯予防〜

吹田駅前歯科は妊婦の方だけでなく、授乳中の方、あなたの大切なお子様も対象になります。

まだ産まれていないのに? お子様は‘マイナス1歳’から、つまり妊娠中から対象になります。

これから産まれてくるお子様の健康を守るために、あなた自身の健康を守りましょう  

生まれてくるお子様のために、あなたができる4つのこと


 虫歯の治療をすること

s_illust281_thumb.gif

お子様にむし歯菌が感染するのを防ぎます。

元々、赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。

1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月くらいをピークにお母さんをはじめ、周りの大人の口から感染します。

つまり、周りの大人の虫歯菌をできるだけ減らしておけば、お子様の感染年齢を遅らせて、虫歯予防につながります。

 

 歯茎のケアをする

妊婦さんが中等度以上の歯周病にかかっていると、低体重児出産リスクが高くなることが分かっており、

ケアをする事により、流産、早産も防ぎます。

あなた自身と、大切なお子様のために歯茎のケアもしっかりしましょう。

 af9980017417l.jpg

 歯と歯茎のケアをする

 「出産したから歯が悪くなった」ということを防ぎます。

お口の悩みがなくなり、出産後、笑顔で子育てが出来ます。

 

 虫歯予防の習慣をつける

 虫歯予防に大切なことは、3つあります。

 

最も大事な1つ目は…

 

                     

  食生活   歯ミガキの習慣   フッ素を使用する

 「虫歯があるからみてほしい」 「痛がっているからみてほしい」とお子様を連れてくるお母さんがいらっしゃいます。
虫歯ができてしまったお子様は虫歯予防に大切な3つの習慣が欠けてしまっていることが多いようです。
残念ながら、これは私たち歯科医師の情報提供が不足しているからなのかもしれません。
いまから「虫歯予防をしましょう!」と言われてもお母さんにとっても、お子様にとっても大変な思いをすることになるのかもしれません。

 

そこで、マタニティの時期からお口の健康について予防について知っておくことで、お子様の歯が生えた時から

虫歯予防の習慣ができます。

お母さんもお子様も大切な思いをすることなく、虫歯0を目指しましょう。

 

私たちは、あなたがマイナス1歳からの、むし歯予防ができ、あなたとあなたの大切な、お子様のお口の健康を守る

お手伝いとして詳しい情報をお伝えしていきます。

あなたの大切なお子様が、心も体も丈夫で健康に育ち、家族みんなが笑顔にあふれた生活を送ることが出来る事を

願っています。 

マタニティチェック

 1334550003.gif

ツバが酸性になって、ねばくなっている。

ツワリなどで、食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすくなっている。

歯ブラシを入れると、気持ち悪くて十分に清掃できない。

ホルモンのバランスが崩れて抵抗力が低下している。

甘いもの、すっぱいものが食べたくなるなどの食べ物の好みの変化や偏食。

ただでさえ嫌な歯の治療を避けてしまう。

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

 

妊婦さんにアンケートをとった所37%の方にツワリがあり、

また71%の方が歯ミガキの時、歯茎から出血しやすいと答えられました。

妊婦さんは、むし歯だけでなく歯周病にもなりやすいお口に変化しているのです。

一度、検診をオススメします。

妊娠中の方の歯科治療の注意点について

1334550005;ko.gif妊娠の可能性がある方、妊娠中の方は、必ず伝えて下さい。

 

そして、歯科医師と十分にご相談いただき、納得した上で治療を受けください。

妊娠中の治療は心配でしょうが、安心して出産、育児に臨むためにも、

積極的に安定期に治療や検診を受けていただきたいと思います。

 

出産までに、お子さんの歯の健康の為にしていただくこと、知っていただきたいことが

あります。

出産後すぐに育児が始まります。

妊娠中に考えていた以上に育児に追われます。

お子さんの面倒を見てくれる方がいなかったり、いてもお子さんがお母さんから離れなかったり。

たくさんのお母さん達がそうやって、治療が必要だとわかっていても放置し、症状を悪化させてきました。

歯が抜けた、虫歯がひどくなったのはお子さんにカルシウムをとられたせい?

お母さんが大好きなお子さんはその言葉を聞いて、自分のせいだと胸を痛めることでしょう。

 

妊娠、出産時子どもたちに歯のカルシウムがとられることはありません。

そして、妊娠、出産時の虫歯や歯周病は予防できます。

赤ちゃんの虫歯も予防できます。

 

そのためにも妊娠中の歯科検診、治療はぜひとも行っていただきたいことなのです。

妊娠中の歯科治療が行える時期について

 

治療は妊娠中期(5ヶ月〜8ヶ月)であれば、ほとんどの方が問題ないのです。

基本的に妊娠初期、妊娠後期は応急処置のみ行いましょう。

治療にあたって

 

020779.jpg 

(1)母子健康手帳をお持ち下さい

 

妊娠中の歯の治療には母子健康手帳を必ず持参して下さい。

妊娠中の歯の状態のページをチェックする事ができ、歯科医院側も

あなたの妊娠中の健康状態がよく分かります。

pics191.gif 

(2)問診票

 

妊娠何ヶ月(何週目)か?予定日は?産婦人科の主治医の先生は?

今の状態は?里帰り出産など、問診票になるべく詳しく記入して下さい。

illust05.jpg 

(3)X線撮影

 

防護エプロンを着用し、腹部を遮断してX線撮影します。

防護エプロンをつければ、お腹の赤ちゃんへの撮影はありません。

小さいフィルムのデジタル写真ですのせ被爆量は最小限です。

通常のものより約十分の一程度の線量で撮影が可能です。

syringe_101c.png(4)麻酔

 

歯科麻酔はキシロカイン局部麻酔です。

通常量の使用では母子ともに全く影響はないのです。

痛みを我慢せずに、リラックスして麻酔の処置を受けて下さい。

妊娠中の治療では特に、通常の治療より痛みを与えないよう配慮しています。

kusuri_102c.png 

(5)投薬

 

ひどい痛みの場合は我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることがある等の場合、出来るだけ大切なお子様への影響の少ないものを選択しています。

010109hito054-trans.png 

(6)立ちくらみ・頻尿・ツワリ

 

妊娠中は急な体位の変換によって立ちくらみを起こしたりします。

治療椅子から立ち上がる時は、ゆっくり立ちましょう。

また、トイレが近くなりますので我慢しないで治療中でもトイレに行きたいと言って下さい。

ツワリで嘔吐反射が強くなったりしますので、ひどい時は歯科医師にお声かけください。

お子様が小さくてなかなか歯医者に行けないという方へ

af0100031751l.jpgお子様が小さいと歯医者にはなかなか通えないですよね…
吹田駅前歯科ではキッズルームを用意しています。
お母さんが治療をしている間、キッズルームで遊んだりDVDを見ながら待っていてもらいます。
もちろんお母さんといっしょに個室の診療室に入ってお母さんの隣で待つこともできます。
子供好きのスタッフみんなでかわいいお子様を連れてきていただけることをお待ちしています。ベビーカーも一緒にどうぞ。  
 
吹田駅前歯科では皆さんのお話をよく聞いて、お口の状態や治療・予防法についてよく話をさせていただきます。不安な状態でコワイのに治療なんてしたくないですよね? 安心して、リラックスできるように今、何が必要なのか? 今、何ができるのか? 今は、何をしたいのか? 1人1人に合わせた治療を心がけています。
『マイナス1歳からの歯科治療』であなた自身と、あなたの大切なお子様のお口の健康を守るお手伝いをさせてください。それが、わたしたちのの想いです。

▲このページのトップに戻る