ウォーキングブリーチ

warking-bleach_;おい.jpgウォーキングブリーチとは神経を1度取って歯が黒く変色してしまったものを、元のように白くする治療法です。

 神経が通っている管に漂白を入れて、変色した歯を白くします。

  通常のホワイトニングは、神経が生きた歯(生活歯)を対象とする為、神経が死んでしまった(失活歯)歯の黒ずみには効果が現れません。

 しかし、ウォーキングブリーチを行う事で、神経がなくなった歯(失活歯)の変色白くする事が可能です。

どの程度戻るかは個人差がありますが、歯の裏から穴を開けてそこに漂白剤をおいて白くする方法です。

一度白くなっても、また後戻りすることもあります。 

神経がなくなった歯(失活歯)をかぶせ物にしなくても、白くできるといいう特徴があります。

2週間に1回来院して頂き、白さのチェック・お薬の交換等を行います。色は1年〜後戻りしてきます。

 

 

ウォーキングブリーチの料金

 

保険外治療になる為、¥21000です。

111111.jpg

適応条件

 

残っている歯に十分厚みがある事

歯の色には問題あるが、歯の形態には問題ない事

噛み合わせに問題ない事

 

 

 

 ※適応条件を満たさない場合、セラミックのかぶせを用いて綺麗にする事が可能です。

   セラミック治療の詳細はこちらへ

 

 

神経が無くなった歯(失活歯)はどうしても弱くなって色も変色します。

最初はちょっと茶色っぽくなるぐらいですが、放っておとくと黒くなってきます。

 

 

 

ウォーキングブリーチで神経が無い歯(失活歯)を綺麗にするということは、このように歯がボロボロになることを防ぐのにも役立ちます。是非、ウォーキングブリーチを受けて、自分の歯を大切にして下さい。

 

warking-bleach_before.jpgwarking-bleach_after.jpg

 

 

 

  

 

 

     

 

 

▲このページのトップに戻る