セルフライゲーションブラケットとは

従来の矯正歯科装置は、直接ブラケットとワイヤーを縛り付け、そのブラケットをしっかり歯に固定し、強く引っ張って歯を動かすという方法での矯正治療ですが、セルフラーゲーションシステムでの矯正治療は、直接ワイヤーを縛り付けないので摩擦が少なく、優しい力で歯の移動が可能な装置を用いた治療方法です。この矯正装置の仕組みのことを「ローフォース・ローフリクション」といい、少ない力・少ない摩擦で歯の移動を確実にコントロールできます。

従来の方法は、ブラケットとワイヤーを縛り付ける(結紮する)ため、より強い力とより頻繁な調整が必要ですが、セルフライゲーティング ブラケット(何らかの機構を使い結紮線やタイなどを使わずアーチワイヤーをブラケットスロットに固定するブラケット)は、四角のスロットにワイヤーを通すだけなので、動きに自由度があり、より優しい力でより早い結果が得られます。

セルフライゲーティングテクノロジーで、摩擦抵抗がより少なくなっていますので、効果的な歯の移動が可能なため、「弱い力」による「早く」「簡単」で「快適」な矯正歯科治療が実現できます。

▲このページのトップに戻る