セルフライゲーションブラケットを導入しています

吹田駅前歯科では、すべての患者様に、摩擦が少なく、歯が動きやすいセルフライゲーションブラケットを使用しています。

「矯正治療は痛いって聞いたんだけど」「矯正治療はしたいけど、痛いのは嫌だな」と思われる方も多くおられると思います。かつての矯正治療は痛みが強く、装置の調整後2〜3日は痛みを我慢する必要がありました。

しかし、セルフライゲーションブラケットの登場やワイヤーの材質の進歩により、治療中の痛みや違和感はずいぶんと少なくなりました。

▲このページのトップに戻る