新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)に対する吹田駅前歯科の取り組み

政府の「新型コロナウイルス感染症対策本部」において、新型コロナウイルス感染症対策の基本方針が決定されました。
吹田駅前歯科はこの基本方針に準じて、新型コロナウイルスの感染防止のため、以下の取り組みを行っております。

 

【常時行っている取り組み】

・治療器具の滅菌

 タービン等の切削器具、バー、チップ等、 患者さんごとに交換し、消毒、滅菌しています。

・患者さんごとのグローブ(医療用ゴム手袋)の交換

・可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を使用

 エプロンや紙コップといったものは極力、ディスポーザブルのものを使用し、感染のリスクを最小限にしています。

・診療台や操作パネル等の消毒液による清拭

・「ポセイドン」による除菌水の使用

・スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒

・空気清浄機の設置

 歯科医院は、削りかすなどが空気中に飛散しやすい状態ですので、空気清浄を常に行っています。

 

【新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み】

・待合室にアルコール手指消毒スプレーの設置

・院内の消毒

 ドアノブ、取っ手、手すりなど、人が頻繁に触れそうなところは、診療室同様、消毒液で、定期的に清拭しています。

・定期的な換気

 入り口を常時、開放させていただいております。

・診療前にイソジンでのうがいまたはリステリンでの洗口の依頼(※中学生以上が対象)

・受付とカウンセリングルームにアクリル板の設置

 飛沫感染の予防対策としてアクリル板を設置しております。

・スタッフ全員の常時マスクの着用

 施術時だけでなく、受付時やカウンセリング時もマスクの着用を徹底し、飛沫感染を予防しております。

・飛沫を防ぐフェイスシールドの着用

・キッズルームの使用禁止、待合室の雑誌等の撤去

 多くの患者さんが手に取る雑誌、絵本、おもちゃは感染源となる可能性があるため、すべて撤去します。

▲このページのトップに戻る